【シェルミラック スキンコンディショナー】コンセプト(素肌力=自然治療力を高める)

①与え過ぎない(肌には過剰な栄養分は不要です。)

健康で若々しい肌は、皮脂腺と汗腺の分泌が正常で、この美肌エキスが常につくられているため、紫外線で酸化した過酸化脂質を分解、雑菌を除去する力があり、シミや黒ずみ・イボ等の老化現象は起きにくいのです。

現在、常識とされるお手入れは、夜に美容液やクリームなど化粧品で潤いをタップリ与えてから、睡眠をとります。良いと思っているこのお手入れは、逆に肌の負担にもなります。この現在、常識とされているお手入れ方法こそが大間違いです!

肌の状態は脳に伝達され、化粧品を多く与え過ぎると、必要な自らの皮脂分泌を怠けてしまい、肌には本来肌を守る美肌エキス(自らの皮脂分泌物)があるのに、その大切な分泌機能を低下させます。

肌は排泄器官であり、汗や皮脂といっしょに体の中の老廃物を排出するというデトックス機能があります。不要な物を出すところです。出すところから栄養分を与えるのは不自然。表皮を守るために必要なものは皮脂と汗と酸素が混ざった美肌エキスです。

それ以外の物は不要な物として認識して、肌は侵入しないように守ろうとします。結果、角質を固く厚くしたり、シミが作られてしまうのです。異常な老化現象を引き起こします。

例えば、お風呂から出て、何も塗らなくても自然にしっとりとしている身体の肌と違い、お顔の肌はカユミや乾燥するのがその証です。

身体は様々な化粧品で潤いを与え過ぎていないので、正常な美肌エキスが分泌していて、いくつになっても顔に比べて若くて綺麗な素肌美を保てます。

夜は、今までとは逆に、ツッパリ感やかゆみ等を少しガマンすれば、これはいけない!と肌が認識して、肌を守る皮脂分泌機能・自らの自然治療力が復活します。

特に睡眠中は毛穴(肌呼吸、老廃物の排泄、皮脂分泌器官)をふさがない事が重要です。どんなに良いとされる美容成分も表皮にとっては異物であり、不要物です。

美肌の為に肌から栄養を入れる行為は間違った行為です。肌・毛穴にはデトックス機能の他に、外敵から肌を守るバリア機能もあります。毛穴は体温調整の役割も果たしているのです。

寒い冬には、毛穴をギュッと縮めることで血管も収縮し、体温を下げないように調整しています。また、毛穴には汗を身体の外に出す汗腺があり、暑いときに汗をかくことで上がった体温をクールダウンさせる役割があります。

こうした大切な役割を果たしている毛穴ですが、固くなった角質や古くなった角栓、メイク汚れなどでふさがれてしまうと、肌にとって必要な皮脂や汗を出す働きが出来なくなってしまいます。

お肌の悩みが増えてくると使用する化粧品の種類が増えるなど与えることばかりのケアに走りがち。しかし、与え過ぎるケアは肌本来が持つさまざまな機能を低下させる恐れがあります。ですから、毎日行うスキンケアは自分の肌をよく観察してから、本当に必要なシンプルケアを心掛けることが大切です。